【1歳知育】自宅でできるモンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育

1歳になるといよいよ自分で歩いて両手が使えるようになって、色んな動きに興味を持ち始める時期です。特に手を動かしたい時期ですね。手は第二の脳といわれるほど、手を動かすことは脳の活性化に重要な役割を果たします。

モンテッソーリ教育では、手を動かすためのお仕事はたくさんあります。1歳の子にはどんなことをさせればいいのでしょう。

早速見てみましょう♪

1歳の敏感期

「敏感期とはなんぞや??」と思われた方はこちらからご覧ください↓↓
知育を始めるために知っておきたい基礎~「知育」の意味とは?モンテッソーリ教育をとりいれる~

このグラフを見てわかるように、1歳は運動の敏感期・言語の敏感期・感覚の敏感期にあたります。モンテッソーリ教育ではそれぞれの敏感期に応じた教育を行います。

運動の敏感期→日常生活の練習
言語の敏感期→言語教育
感覚の敏感期→感覚教育

手をうごかしたがる時期

1歳前後は特に手がだんだんと細かく洗練された動きができるようになり、手をたくさん動かしたい衝動に駆られています。初めは手全体を使っての大きな動きから段々と指先を器用に使って動かすようになり、生活の基本の動きを獲得していく大事な時期です。

<1歳の子供がやりたがる動き>
・引く
・たたく
・落とす
・結ぶ
・通す
・はめる
・まわす
・はさむ
・はがす
・ボタンを留める

ティッシュを引き出したりブラインドのひもを引っ張ったり。
子供は自分が求める動きができそうなアイテムを目ざとく見つけ出して、ひたすらそれを繰り返します。いたずらに見えますが、子供にとっては大事な練習中なのでどうか邪魔しないでくださいね。

1歳のできたを引き出すお仕事

モンテッソーリ教育で使われる教具を使ったお仕事は主に2歳ごろからのものが多いんですよね。

でもこのころには大人の真似をしたいという欲求が芽生えてきて、それこそが日常生活の練習の原動力になり、自分でできたという達成感を味わうことができます。
「できた」は自己肯定感を養うモンテッソーリ教育に必要不可欠なものです。

〇じょうろで植物に水やり
重たいものを持ちたいという敏感期には水を入れたじょうろが最適。さらに子供は水に触れることが大好き。

〇洗車の時にバケツで水を運ぶ
パパが洗車をするときに一緒に洗おうと誘ってみましょう。これもまた重たいものを持ちたがる敏感期に最適。

〇クッキーづくり
材料は大人が用意しましょう。クッキーの生地を混ぜる、伸ばす、型抜きをするなど子供が好きな手を使った作業がいっぱい!

〇お買い物で食材選び
1歳の後半にもなれば自分で決めたいという欲求が出てきます。お買い物でバナナとリンゴどっちがいい?というような選択肢を与えてみましょう。

子供にお仕事をさせるときは子供のサイズにあった小さめの用具を準備するようにしましょう。用具の扱いやすさは子供が「できた」を引き出しやすくする重要なポイントです。

そのほかにも できた」をスムーズに導くコツがあります。詳しくはこちらの記事で紹介しています↓↓
【0歳知育】自宅でできるモンテッソーリ 教育

1歳におすすめのおもちゃ

1歳はとにかく色んな手の動きができるようなものがおすすめ。子供の動きを観察して、今子供がやりたい動きに沿ったおもちゃを与えるようにしましょう。

★引っ張る

【木のおもちゃ】【知育玩具 プルトイ 出産祝い】 ドイツ ニック社 NIC WALTERむかで 誕生日 1歳:男 女【P】【kd】

価格:3,740円
(2019/10/13 01:59時点)
感想(39件)

むかでについたひもを引っ張って動かすおもちゃ。重心が低く、雑に引っ張ってもムカデさんのお顔は上を向いたままひっくり返りません。以前自宅の近所にある木のおもちゃ専門店でもおススメされたおもちゃ。一人歩き前なら大人が引っ張ってハイハイをたくさんさせるのにも重宝します。

★落とす・はめる・入れる

MICKI(ミッキィ)社 ポストボックス 赤

価格:8,580円
(2019/10/13 02:08時点)
感想(3件)

木箱の穴の開いた面が開閉式で、大人が積み木を入れて子供がふたを開けて出すという遊びから始まります。型に入れて落とした後は、開閉式のふたを開けて出す。この手のおもちゃは箱の色んな面に穴が開いているものもありますが、ひとつの面のみ空いているものがおすすめ。小さい子供は入れる面と出す面が同じ場所というのがいいようです。

「大きくなったら他の積み木と合わせたり、縦にすると蓋をドアに見立てて人形のおうちにして遊ぶこともできます。1歳で何か一つ与えるならずばりこれですね。」

★たたく・押す

【送料無料】 木のおもちゃ ニック社 大工さん 木製 ハンマートイ 知育玩具

価格:5,980円
(2019/10/13 02:49時点)
感想(5件)

上のペグをハンマーでたたくと側面のペグが飛び出す仕組みで、中が見えないので想像力も鍛えられそうなおもちゃ。一歳ではハンマーを握るのは難しいので手でおして遊んだりできます。

まとめ

とにかく手を使った遊びやお手伝いをしてもらうと自然と手が発達していきます。第二の脳といわれる手を子の敏感期の時期に大いに使わせて「できた」を増やしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました