夫が高級車を欲しがるあまりまさかの行動に!半年間隠し続けた秘密に唖然

夫という生態

こんにちは、ぽこママです。

男性って車好きの人が多いですよね。わたしの夫もまさに車好き、特にベンツとか高級車が大好きなんです。

もちろん大好きだから趣味で車を2台持ち3台持ちなんて出来る余裕はない。それは夫もわかっている、しかしながら我が夫の困った行動に怒りと呆れ通り越して笑っちまいました。

節約生活

私は日々せっせせっせと色んなものを安く買おうと頑張っている節約主婦。節約魔の私が一番テンションが上がるのはお肉を安く変えた時。

100g29円(税込)の胸肉を見つけた時は嬉しすぎて実家の母に即ライン電話。(無料だからライン電話するけどデジタル音痴の母はすぐにとれない)1kg大人買い。

いや、29円て安すぎやし!それまでは最安値は48円(税込)やったけど、29円を知ってからはもう48円なんて高い高い!

安かろう悪かろうじゃただの無駄遣いですからね、一応質もある程度は重視します。とはいえ、やっぱり日常的にもっと牛肉とか豚肉とか食べたいーなんて思うわけです。

しかし!そんな私の努力がなんて虚しいものなんだと絶望する出来事が。

車を欲しがる夫の金銭感覚が大バカ

夫の実家は大金持ちとまではいきませんが多分ちょっとお金持ち。だけど義父母は至って普通の金銭感覚で、むしろリサイクルショップも利用して節約しちゃうタイプ。

そのせいかわかりませんが、夫には極端に倹約家な一面と金銭感覚バカなんじゃないか?と思う面があります。

まさに、金銭感覚が大馬鹿になるときとは、車を欲しがる時。

それはまだ結婚して1年の新婚時代。

夫の職場の先輩宅の焼き肉パーティに行った時、思いがけないサプライズを受けてしまうことになったのです。

その先輩というのとも同じく車好き。

先輩宅に到着するやいなや、その先輩が「あれ、家の裏に用意しとるよ」と。

アレとは??家の裏に行くと、おもむろにたたずむ白いファミリーカー…その名はヴェルファイア。

するとすると、夫がやや興奮気味に…いや、かなり興奮気味にそのヴェルファイアとやらを物色。

そして二人の会話を聞いていると、なんか、おかしい。

まさかまさかの嫌な予感。

妻「ん?なに?これどうすると?」

夫「サプライズプレゼントー!」

妻「…なにが?」

こんなに絶望したサプライズプレゼントは初めてでした。

どうやらこの車は先輩が乗っていた車で、別の車に買い換えるために夫に売却する形で譲ったとのこと。しかもなんやかんやオプションつけたりしててなんか高そう。

それなりの覚悟は持って聞いたつもりですが、その値段は想像を遥かに上回るもの。ズバリ…

ドゥルるるるるるる(ドラムロール)

じゃん!

600万円(諸経費込み・ローン)

「ろ、ろろろ、ろっぴゃ、ろろろ…」そこから正直焼き肉どころじゃなく意識朦朧でした。

月々35,000円でボーナス時は150,000円のローン。

わぁあーーーーーーーと叫びながら走り去りたい気分でした。

生活用品や服飾品、その他趣味にはほとんどお金をかけない財布の紐が硬すぎる人なのに、車を欲しがる時には金銭感覚がバカになっちゃいますね。

世界のナベアツ的:車を欲しがる時だけバカになる夫

夫、次はベンツに手を出すの巻

夫は高級外車が大好き。外車といってもなんでもいいわけではなく、ベンツが良いんだとか。その理由は聞いてみたことはあるけど、私にはなんかよくわからんって感じ。

ヴェルファイアを購入して2年半がたったときのこと。

ある日なにやらもじもじしてなにか言いたそうな、でも言いづらそうな夫。

ある程度もじもじが終わったあと、これまたびっくり発言を。

夫「ほしい車があって、それに買い替えたいなーって」

妻「はい?まだローン返済中やがな」

夫「それは下取りに出して」

どうやら残りのはローンは下取りに出してしまえば現時点でトントンになるらしい。で、その欲しがっているという車が憧れのベンツ。

そして彼はすでに下取り査定も済ませていたのです。

残りのローンを繰り上げて返済し、下取り価格、ベンツの購入価格を色々計算すると、買い替えたほうがお得な感じに。

ベンツと言ってもピンキリでウン千万するものから100万円台のものまで。そしてこちらのベンツは300万

この金額を聞いたとき私は、「あー、300万か。」

自分でもびっくりするほどすんなり受け入れてしまっていました。最初の600万からすると約半額。自分の思考回路が完全に狂ったな。

いずれにしても私は出費が減ればなでもいいのだ。

なによりローンがなくなるということが最大の魅力なのです。

というわけで我が家は生活レベルに合わないベンツが愛用車になりました。

半年間よく隠し続けましたね

ベンツがマイカーとなってから一年たった頃、夫から思わぬ申し出が。

車の買い替えで購入資金の負担はなくなったものの、維持費にかなりお金がかかるベンツ。

マイカーベンツは縦に長いのでこれまでの駐車場に入らず、別の少し料金高めの駐車場に変更。ガソリン代もレギュラーじゃなくハイオク。そしてなんといっても自動車税が8万(汗)

8万超える自動車税が存在することを初めて知りましたがな。

そんな維持費にさすがの夫も負担を感じたようです。

「ちょっと一旦維持費とか安い軽に買い換えようかなと思う」

もちろん私は大賛成。車を日々の喜びで生きがいのようにしている夫の精神状態も今後どうなるか多少は心配しましたが、言い出したのは夫なので私は反対しませんでした。

そういうわけで次に購入したのは中古車の軽、日産モコ。なんと!50万。今度は安すぎて心配(笑)

軽しか運転できない私も、車で移動できるようになるので行動範囲がとっても広ーくなって楽しみが増えました。

モコがマイカーになってから約半年が経ったとき、ある日夫が「ちょっと話したいことがあるので時間作ってください」ですって。

なんだなんだあらたまって。私なんか変なことしたかなとか色々考えたけど皆目検討つかず。

いよいよいざ家族会議(出張中だったのでオンライン会議)。

何を言われるのかとドキドキしながら画面を覗く私。

かなり言いづらいようで、なかなか話出さずもじもじ。なんかこのもじもじ前にもあったけど。口を開いた夫の第一声は

「実は隠してることがあるんだ…普通なら離婚とか言われるレベルのことなんだけど…」

前置きが怖すぎて更にドキドキ。

「実はモコの他にも車があるんだ」

「へ?」

動揺で声が裏返りました。

どうやら、モコを買った一ヶ月後くらいにやっぱり車への愛が抑えられなかったようで、自分の気に入った車を見つけて、これまた一人で購入しちゃったんだそうです。

駐車場は別にまた借りていて、そこに潜ませているんだと。

まさかの2台持ちを半分泣きそうな顔で暴露されて、私はもう笑っちゃいました。

なぜなら夫はほとんど嘘がつけない、というか嘘に嘘を重ねるのが下手で顔に出るタイプ。そして何か悪いことをしたなと思ったら罪悪感でずんずん暗くなって吐露せずにはいられない人。

よく隠せましたね、半年間。私は怒るどころかそっちの方に関心しました。この心理状況になれた自分もなんて仏のような心の持ち主なんだと思いましたが。

今回マイカーにひっそり仲間入りしていたのは、プラドという車、150万円

私も金銭感覚バカがうつったのかもしれません、安く感じてしまいました。経済力は変わってないのに(笑)

唯一嬉しかったのは車のナンバーが結婚記念日になっていたこと。実は最近何かと喧嘩が多かったので、ちょっとだけ安心しました。

夫が車を欲しがる時は次はいつになるのかな、とりあえずはモコ&プラド生活を楽しもうかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました