最近ドラマで見なくなっていた井上真央が復帰!所属事務所アンヌフへの移籍が露出減の原因だった?

エンタメ

子役あがりの俳優さんを見ると「あんなに小さかったのにね~」と親戚のおばちゃんみたいな感覚に陥ってしまうんですけど、私の中では井上真央さんもその一人。自分と年齢はさほど変わらないんですが、「キッズウォー」シリーズはよく見てました!

大人の女性に成長してもなお活躍し続けてきた井上真央さんですが、最近以前よりもドラマや映画で見かけなくなったなあと思っていませんでしたか?

実はしばらく休業されていたようです。芸能界って生き残るのは本当に大変なんだなあと思っていましたが、最近!またドラマで復帰されました。どうやら生き残るのが大変とかそういうこと理由ではなかったようです。

それは井上真央さんの12年交際していあのお相手との結婚や、所属事務所「アンヌフ」への移籍が原因となっていたようです。今回はその原因と、最近主演で演じることになったドラマについてみていきたいと思います。

井上真央の代表作と輝かしい受賞歴

井上真央さんの現在の状況を知る前に井上真央さんの基本情報をチェック!デビューから最近の休業状態になるまでどのように活躍してこられたか見てみましょう。

  • 名前:井上 真央
  • 生年月日:1987年1月9日
  • 出生地:神奈川県横浜市
  • 身長:158 cm
  • 血液型:O型
  • デビュー作:1992年『真夏の刑事』
  • 事務所 :アン・ヌフ

デビュー作の『真夏の刑事』では、パトカーにはねられて死んでしまう子供の役。それ以降は、松たか子さんの幼少時代や池脇千鶴さんの妹役を演じるなど着実に経験を積んでこられました。

主演を務めたものはヒット作ばかり

芸歴も25年以上ある井上真央さん、時系列でまとめた代表作がこちら。

1999年~2003年「キッズ・ウォー ~ざけんなよ~」
2005年「花より男子」
   「終戦六十年スペシャルドラマ 火垂るの墓」
2007年「あんみつ姫(ドラマ)」
2009年「世にも奇妙な物語」
2010年「日曜劇場 獣医ドリトル」
2011年「連続テレビ小説 おひさま」
   「八日目の蝉」
2013年「永遠の0」 
   「謝罪の王様」
2014年「白ゆき姫殺人事件 」
2015年 「NHK大河ドラマ 花燃ゆ」
2017年「明日の約束」
2018年「焼肉ドラゴン」

中でも注目したい作品はこちらの2つ。

  • 1999年~2003年「キッズ・ウォー ~ざけんなよ~」
  • 2005年の「花より男子」

「キッズ・ウォー ~ざけんなよ~」 は私も見ていましたよ。 男勝りでとても活発な性格の小学生・茜役で、ギャルみたいなヘアスタイルが印象的でした。なのでその後成長して女の子らしい役をされているのを見ると若干違和感は感じましたね(笑)

そしてもうひとつは「花より男子」、これはもうヒット作中のヒット作ですね。「花より男子」の韓国版がリメイクされたり、2019年には宝塚での演目にも「花より男子」が登場したりとその人気はとどまることを知らないといった状態です。

そしてこの大ヒット作品こそが後に井上真央さんの特別な存在となる嵐の松本潤さんとの出会いになるんですね。これについてはまた後程じっくりお話します。

10以上ある受賞歴

また、受賞歴も素晴らしくて「日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞」などの10以上の賞を受賞された正真正銘実力派の女優さんです。

  • 第10回(2006年度)日刊スポーツ・ドラマグランプリ 主演女優賞(「花より男子2」)
  • MTV STUDENT VOICE AWARDS 2007 最優秀女優賞
  • 第3回(2011年度)TAMA映画賞 最優秀新進女優賞(「八日目の蝉」「太平洋の奇跡」)
  • 第35回(2011年度)山路ふみ子映画賞 新人女優賞(「八日目の蝉」)
  • 第24回(2011年度)日刊スポーツ映画大賞 新人賞(「八日目の蝉」「太平洋の奇跡」)
  • 第35回(2011年度)日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞(「八日目の蝉」)
  • 第36回(2011年度)エランドール賞 新人賞
  • 第3回(2011年度)日本シアタースタッフ映画祭 主演女優賞(「八日目の蝉」)
  • 第22回(2009年度)日本メガネベストドレッサー賞
  • 第8回万年筆ベストコーディネイト賞 2011

この他にもまだありますが、「八日目の蝉」に関しては5つ受賞しています。井上真央さんの役は、父親の不倫相手に育てられて、また自分も不倫した相手の子を身ごもってしまうという難しい役どころ。「花より男子」や「あんみつ姫」では元気な女の子の役でしたが、今回はほとんど笑うことがなく見事に演じられました。
新たな井上真央さんが見られた感じでしたね。

もう一つ注目したいのが「 第8回万年筆ベストコーディネイト賞 」。「はて?なんで万年筆?」と思われるかもしれませんが、井上真央さん実はかなりの達筆で、ファンレターのお返事も直筆のものが届くとか?(コピーかもしれませんが)

ちょっと上手どころのレベルではなく有段者かと思うくらいきれいな字ですよね!しかも筆!でも書道の経験はなく、お母さまに「丸い文字を書いてはいけない」と小さいころから言われ、それを忠実に守りつつ字を書いていたらこうなったそうです。

ほんとにきちんとしていてまじめな性格の持ち主なんですね、イメージ通りです。

最近ドラマで見なくなっていた原因①結婚

プロフィールの代表作を見ていただいても分かるように、デビュー以来ほぼ途切れることなく活躍し続けてこられた井上真央さんですが、2015年の「NHK大河ドラマ 花燃ゆ」以降主演を張るような目立った役をされていないようです。

一説によると井上真央さんが12年間交際しているお相手、嵐の松本潤さんとの結婚の話が関係しているといわれています。

2005年に放送された「花より男子」では、松本潤さん演じる「道明寺司」役と井上真央さん演じる「牧野つくし」役が恋人同士の設定でしたが、2014年にそれが現実になるお二人の熱愛スクープが報道されました。

確かにお似合いのカップル。2018年に週刊女性PRIMEによって行われた「もう一度見たいドラマカップル」アンケート(40代~60代女性対象)の一位は「花より男子」の松本潤さんと井上真央さんだったのです。一般の視聴者からだけでなく松本さんのファンからも「まおじゅん」と呼ばれるなどとても好感度が高いお二人。

結婚もいよいよ間近か?と結婚後引退するのではともささやかれ「電撃引退説」まで飛び出していた矢先、なんと松本潤さんの二股が発覚。そのお相手はセクシー女優の葵つかささん。しかも4年間にもわたって交際していたそうです。さらに、そのきっかけがちょっと衝撃。

松本潤さんと葵つかささんの出会いは中村勘三郎さんの通夜だったそうです。中村勘三郎さんの息子・七之助さんと松本潤さんは大変仲が良く、もちろん松本潤さんもお通夜に参列されていました。そのお通夜に来られていたのが葵つかささんで、その時に松本潤さんが連絡先を渡されたとか。

この二股騒動発覚後、松本潤さんは井上真央さんに謝って許してもらったそうですが、本当に許してもらえたのでしょうか。残念ながら このことで精神的に参ってしまい長期休業に入られたとも言われています。

最近ドラマで見なくなっていた原因②アンヌフへの事務所移籍

最近ドラマで見なくなった原因のもう一つは、所属事務所を「アンヌフ」へ移籍したことといわれています。

井上真央さんは2004年大学進学の前に一度休業しています。同年、それまで所属していた事務所「たむらプロ」から「セブンス・アヴェニュー」へ移籍されました。

事務所を移籍し、そして明治大学へ進学後芸能活動を再開されてすぐに初主演を果たしたのが、あの人気ドラマ「花より男子」でした。「花より男子」は海外でもリメイクされるほどの人気ぶりでしたね。

2007年には「花より男子2」、2008年には映画「花より男子F」も制作され、実に井上真央さんの代表作中の代表作となりました。事務所移籍した翌年のこのヒットですから「セブンスアベニュー」へ移籍したのは正解だったといえますね。

2004年以来この「セブンスアベニュー」と一緒に走ってこられたわけですが、2016年に今度は「セブンスアベニュー」から「アンヌフ」へ事務所を移籍されました。 「たむらプロ」→「セブンスアベニュー」→「アンヌフ」ということで、事務所の移籍は二度目ですね。

ただ、2015年に「NHK大河ドラマ 花燃ゆ」で主演、2016年「アンヌフ」への事務所移籍、その後目立った主演がなく露出が減少という流れからしてその原因が事務所にあるのでは?との声が上がるのは自然なことかもしれません。

先ほどの代表作を見ていただくとわかりますが、これまでと比べると2017年「明日の約束」 2018年「焼肉ドラゴン」は正直あまり耳なじみないなあ~と思いませんか?

でもこれは事務所の経営力に不足があるとかそういうわけではなく、露出を減らしたのはあくまでも井上真央さん本人の意向なのだとか。子役時代から長年どんな役も確実にこなしてきた井上真央さんですが、一度ゆっくり作品に向き合う時間を設けたいと感じられたそうです。

アンヌフの所属タレントは岸部一徳さん・岸部史郎さん・塩見三省さん・岸本加代子さんと少数精鋭の個人事務所。それがゆえに井上真央さん本人が本当に受けたい仕事だけを選べる自由な環境のようです。

子役時代からずーっと突っ走ってきた井上真央さん、何かのきっかけで今までを振り返って立ち止まって考える節目に来たんでしょうね。

井上真央ついにドラマ主演で復帰

そんな井上真央さんが再びドラマで主演をつとめられました。NHK土曜ドラマ「少年寅次郎」です。

引用: https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/torajiro/

2019年10月19日(土)スタート 全5話
毎週土曜夜9:00/NHK総合ほか
【出演者】井上真央・ 毎熊克哉・ 井上優吏・ 泉澤祐希・藤原颯音・ きたろう・岸井ゆきの・ 野澤しおり・ 井頭愛海・ 山田真歩・ しゅはまはるみ・ 岸谷五朗・ 石丸幹二 他

山田洋次監督の「男はつらいよ」のドラマ・映画シリーズの主人公寅次郎。その寅次郎の出生の秘密から戦争を挟んだ“悪ガキ”時代から、妹のさくらに見送られて葛飾・柴又から旅立つ14歳までを描き出したドラマです。井上真央さんは寅次郎の育ての親・光子を演じられました。

NHKで週に一回全5話ということは、1ヶ月ちょいで完結ということ。いきなり民放の夜9時のドラマとかにがっつり出るよりは、ちょうどいいのかな?なんて思ったりしましたが。「永遠の0」でも戦時中、夫の帰りを待つ妻の役をされてましたが、井上真央さんは昭和の女性の役が似合いますね!

そしてフーテンの寅さんの少年時代を演じた藤原颯音くん、寅さんに激似!目の上のトレードマークのホクロも再現されてます。颯音くんとも休憩時間にけん玉をして遊んだりととても仲良しのようです。

共演者やスタッフにも気遣いがあると評判の井上真央さん。 藤原颯音くんとそのお母さまの二人をセットを背景に携帯で写メを撮ってあげたりもしていたそうです。きっと、井上真央さんから「撮りますよ」っていったんではないでしょうか。

藤原颯音くんとお母さまにとっては、撮影セットでの親子ツーショット写真はもちろん、それを撮ってくれたのが井上真央さんだということもいい思い出になりますよね!

まとめ

それでは井上真央さんの最近の状況を整理いたします。

  • 最近ドラマで見なくなった原因①結婚を考えていた相手、松本潤さんの二股発覚で精神的にショックを受けてしまっていた。そのお相手はセクシー女優の葵つかささんだった。
  • 最近ドラマで見なくなった原因②所属事務所「アンヌフ」への移籍後露出が減ったとされていたが、作品とゆっくり向き合うためにご自身で望まれたことだった。
  • 最近ドラマで主演復帰!「少年寅次郎」では寅次郎の育ての母役で出演。

井上真央さんが最近ドラマや映画で見なくなったのは、結婚やアンヌフへの事務所の移籍の他にもいろんなことが重なったのかもしれませんね。

事務所の力に問題があるのではないかとも思いましたが、そうではなくて安心しました。結婚のことも含めて色んなことがあって立ち止まったのでしょう。進む道を見据えて自分に本当に必要なものは何かを考える、そういう時間って大切だなあっておもいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました