一山麻緒のナイキ新モデルシューズ値段は?名古屋ウィメンズマラソンで五輪内定!

エンタメ

3月8日に名古屋ウィメンズマラソンが開催され、見事優勝した一山麻緒さんが五輪代表選手に内定しました。この大会は五輪代表枠三人の最後の一人が決まるマラソン代表選考の最終レース。

大阪国際マラソンで松田瑞生選手が2時間21分47秒をマークしており、代表入りを果たすにはこの記録を破ることが必須条件。そしてたたき出された国内最高記録(大阪国際マラソン野口みずきさんのタイム2時間21分18秒)のタイムが2時間20分29秒で松田瑞生選手のタイムをおよそ1分上回る形になりました。

2019年9月に代表選考レースも行われましたがその時の一山麻緒選手は6位と悔しい結果でしたが、その後監督の鬼メニューをこなし前向きに練習を積み重ねたそうです。それでもマラソンで1分詰めるのってかなり大変でしょうね。

しかしやはり厳しい世界ですね、2時間20分29秒を記録した松田瑞生選手も十分五輪で戦える力があるのに代表になれないのは非常に惜しい気がします。

一山麻緒選手のレース自体は順調に走りを進め30キロ過ぎたあたりからスパートをかけ始め、松田瑞生選手のタイムを超えられそうだなと思ったのは37キロくらいの地点だったとか。40キロを超えたくらいで足がきついと感じたようですが体調を崩すこともなく見事なゴールでしたね。

ランナーが最高の走りをするために重要なのが足元、シューズです。一山麻緒選手は以前はアディダスのシューズを履いていたそうですが、現在の愛用シューズはナイキ。

箱根駅伝で84パーセントの選手が着用していて話題になったピンクのシューズ「ズームXヴェイパーフライネクスト%」、実は一山麻緒選手も使用していたんです。しかし今回の名古屋ウィメンズマラソンで着用したのはその後継となるナイキの新モデルの「エアズームアルファフライネクスト%」。

値段は税込みで33,000円です。ピンクのシューズ「ズームXヴェイパーフライネクスト%」の値段は30,250円(税込み)なのでほとんど変わらないですが、そのほかのナイキのランニングシューズは1万円台が多いのでそれに比べると値段は高めですね。

同じくナイキの厚底シューズですが、「ズームXヴェイパーフライネクスト%」にさらにューズ裏に「ズームエアポッド」というクッション性と反発性を備えた装備もあり進化。底の厚さは3・95センチで世界陸連が設けた新ルールもクリアしています。

一般発売はまだですが先行発売がされていてその条件はフルマラソンで男性2時間50分0秒以内、女性3時間40分0秒以内のタイムであることとされています。

そんな条件を出すナイキもやっぱり一流メーカーですね。ピンクのシューズの次はグリーンのシューズが話題になりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました