仁丹の効果や匂いは?ASAP杉浦耕作がアウトデラックスで愛用を暴露!?

エンタメ

3月12日放送のアウトデラックスご覧になりましたか?出演したアイドルグループASAPのメンバー杉浦耕作さんが仁丹を飲み続けているという意外な事実を告白しました。

ASAPは個性派ぞろいの6人組アイドルグループ、20代のメンバーの中で一人だけ32歳と三十路を超えているのが杉浦耕作さんです。アウトデラックスの司会マツコ・デラックスさんには見た目やイメージから「この中に一人だけマダムがいる」「昭和のにおいがする」とつっこまれるなど、アイドルらしからぬ雰囲気を醸し出しました。

そんな流れで杉浦耕作さんの隣に座っていたマツコ・デラックスさんは「息が仁丹のにおいがした」と発言。さすがにそれは昭和すぎでしょうと思っていたら杉浦耕作さんから「仁丹飲んでいるんです!いい薬です」とまさかの暴露が!

仁丹といえば、50代や60代のサラリーマンのオジサマのマストアイテムというイメージがありますね、私の父親も愛用してましたから。初めて見たときはタンスに入れる脱臭剤かなんかと思いましたが、銀色の小さい球がまさか食べるものだとは思いませんでした。

仁丹とは森下仁丹が発売している「口中清涼剤」で医薬部外品の一種です。医薬部外品ということで、薬ではないけれども食品でもない、医薬品と食品の間のものとして位置付けれています。

服用するタイミングとしてはむかつきや気分のリフレッシュをしたいとき口に含むといいそうです。例えば二日酔の時、口臭が気になるとき、不快な気分を変えたいとき、めまいがするときなど様々なシーンで効果が発揮されます。

どうやら運転中の眠気覚ましとしても効果が期待できそうですね。

しかし仁丹には16種類もの生薬が配合されています。マツコ・デラックスさんが杉浦耕作さんと話すだけで仁丹のにおいがすると言い当てたことはすごいですが、それだけ独特匂いがするということなのでしょう。

どんな匂いなんでしょうか。

やっぱり仁丹と聞くと懐かしさを覚える人は多いみたいですね。とにかく独特な匂いで結構強めのようです。どんな匂いなのかというと、お父さんの匂いとかおじいちゃんの匂いとかいうコメントが多くありました、中高年の男性が愛用していたようですね。

ダウンタウンの松本さんも愛用者だったんですね、でもそのイメージは意外ではないかも。水曜日のダウンタウンで「芸能人で仁丹食べてるのは松本人志だけ説」がテーマにされるほど愛用者としては稀なのでしょう。

しかし杉浦耕作さんはアイドルならおいしくておしゃれな「フリスク」とか「MINTIA」を食べていそうですけどね。そんなギャップがあるところが面白くて好感持てますね。ASAPの知名度がもう少し上がったら杉浦耕作さんが仁丹のCMキャラクターになる日も遠くないかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました