長崎市クルーズ船33人感染者!乗船員下船時の立ち寄り先はどこ?

社会

長崎市に乗船客をのせずに停泊中のクルーズ船「コスタ・アトランチカ」からクラスターが発生しました。

4月22日時点でコロナウィルス感染者は新たに陽性33人陰性は23人判定保留が1人。この船にはなんと623人が乗っているとのことで、一人でも感染者が出ればクラスターが発生することは想像できましたが。

4月20日に外国籍の乗組員1人の感染が確認されていましたが、当初は3月14日以降は乗組員は下船しておらず、外出していないとのことでした。しかし再調査を行った結果、実際には下船し外出していたとのことが分かりました。

長崎県と長崎市が合同会見を行っています。

この会見は私も見ていました。長崎県知事と長崎市長、クルーズ船の修理をしていた三菱重工の関係者が会見に臨みましたが、印象としてはあまり緊迫感を感じられませんでしたね。長崎市長は何も発言しなかったし、あれ?いたの?と最後に気づいたほど。

気になるのがやはりどこに立ち寄ったのかということです。

会見では市街への観光や食事には出てはいないけれども、外出する際の立ち寄った例としてはどうしても行かなければならない場合の病院や帰国する必要性があった乗組員が空港に行くなどが考えられるとのことでした。

しかし実際のところはどうなんでしょう。

近くの地域住民によると、停泊中の近くのバス停で複数の外国人がバスを待っている姿も確認されているんだそうです。

もし買い物や食事のため出かけていたとすればバスでどこへ立ち寄ったのでしょうか。バスで行くとなると長崎市街の色んな場所へ行くことができますからね。

長崎市に外国船がやってくることはよくあるため、こういったセイラー服の外国人乗組員を街中で見かけるとこは珍しいことではありません。

私自身長崎に住んでいたことがありますが、特によく見るのは浜町アーケードですね。時には通行している市民と会話していることもあります。

もし観光や買い物などで市街の色んな場所に立ち寄っているとすれば浜町アーケードは濃厚なのかなとも思います。食事をとっているとすれば浜町アーケードの近くで観光名所でもある新地中華街も考えられます。

しかし目撃情報があったようにバスで移動しているとすれば長崎人が多く集まるもっと他の場所にも立ち寄っている可能性もあります。バスで移動しているなら電車で移動している可能性も十分にあります。夢彩都や長崎駅、商業施設のココウォークへも立ち寄り場所としては考えられますね。

さらには乗組員本人も外出に関して証言しており、無料シャトルバスに乗って外出したこともあるしラーメンを食べに行ったこともあるとのこと。

ラーメンといえば浜町方面にも有名なラーメン店もありますし、飲み屋街の銅座町方面にも点在しています。

先日感染が確認された男性も夜間作業でココウォークにいたということですし、もうどこにいってもとても怖いですね。
長崎市コロナ感染者のいたココウォークやホテルの場所!いつからいつまでいた?

3月中旬時点では長崎県内の感染者はほとんどいなかったので、もしかしたら乗組員も外出自粛の意識はそう高くなかったかもしれません。

あくまでも推定ですが。いずれにしても外出していまや安全という場所はどこにもないですね。

ダイヤモンドプリンセス号の時の悲劇が頭をよぎります。二の舞にならないようあの時のことを活かして確かな行動が求められますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました