日傘シルバー加工は内側逆効果で外側迷惑⁈焼けない日傘の選び方!

知育

シミ爆弾って聞いたことありませんか?若い時に何年も紫外線を浴び続けていると、老年期になるとそれが爆弾のようにたくさんのシミとなってしまうのです。

年中注がれている紫外線に手軽に対策できるのが日傘ですね。中でもシルバー加工された日傘は紫外線カット率が高く売り場でもよく見かけます。

しかしこのシルバーコーティングが内側にされている場合紫外線対策としては逆効果になんです。一方外側にコーティングされている場合、眩しくて迷惑なんだとか?

絶対焼けたくないという人には日傘選びは本当に悩ましい事です。そこでどんな日傘が紫外線に強いのか徹底調査しました!

紫外線は散乱している?直遮光・反射光・散乱光

紫外線は放出量に差はあるものの一年中私たちに注がれていますが天候や場所によって違います。 晴の時の紫外線量を100%とすると、うす曇りは約80~90%、くもりは約60%、雨は約30%のという量になります。ただ曇りの場合でも雲の間から太陽光が出ている場合は晴れの時よりも紫外線が多く観測されることもあるようです。

また場所によっても紫外線量は差があり、国内では一般的に北の地域よりも南の地域の方が紫外線量は多く、沖縄県は北海道の二倍の量にもなるそうです。沖縄旅行へ行くときはしっかり紫外線対策したいですね。

また紫外線は太陽の光によって注がれますが、その紫外線を含む光は三種類あります。上空から地上に向かって上から降り注ぐ「直射光」、直射光が地面で跳ね返る「反射光」、直射光が大気中であらゆる方向に屈折して注ぐ「散乱光」です。

こちらは直射光・反射光・散乱光を図にしたものです。日傘によって上空からの直射光はカットできますが、反射光や散乱光は日傘だけは不十分です。さらに、地面がアスファルトや砂の場合は反射率は10%程度なのに対し、雪の場合は80%とほとんどの光を地面で反射してしまうのです。雪山を上った人が雪焼けで顔が真っ赤になっているのはこのせいですね。

内側・外側にシルバー加工の日傘はいいの?

外側のシルバーは眩しくて迷惑⁈

さて、直射光・反射光・散乱光によって上下左右のあちらこちらから紫外線を浴びてしまうということが分かりましたね。すべての紫外線を意識して対策したいところです。まず紫外線対策として有効なのが日傘ですが、日傘売り場に行くと外側をシルバーにコーティングされている日傘を見かけます。

シルバーに加工された日傘は簡単に言うと、紫外線をカットし日傘内部を涼しくするというのが目的の傘です。UVカット率が高いので上空から降り注ぐ直射光を受けても紫外線を通さず、さらに目に見える光(可視光線)を遮断する「遮光率」も高いというのが特徴です。

外側がシルバー加工されていると日傘内部が熱くなることも防ぎ、体験温度の上昇も抑えることができるので、太陽がじりじりと照らす夏場の暑い時期には効果的です。

しかしこの外側がシルバー加工された日傘には、周りの人に迷惑をかけてしまうかもしれないという難点が!というのも、シルバーコーティングは直射光をばっちり反射してくれるので刺している人にとっては光を感じませんが、その反射光を受けた周囲の人たちがまぶしいと感じてしまうのです。

全ての人が外側にシルバー加工をされた日傘を使えばお互いさまで誰にも迷惑が掛からないのかもしれませんが、それは無理なのでできるだけ周囲にも配慮したいですね。そういう周りへの迷惑が気になるけれども外側のシルバー加工日傘を使いたいという人には、柄やレースが施されているものを使うのも手です。

日傘 レース調プリントシャーリング傘 UVカット率99%以上・サクラ骨】婦人 長傘 晴雨兼用【スライド式レース調プリント 50cm 8本骨 シルバーコーティング】セール品、シルバーコーティング 紫外線対策 熱中症対策 サクラ骨【楽ギフ_包装選択】新入荷

価格:4,180円
(2020/2/4 10:56時点)

こちらの日傘のようにレースやプリントがされていれば周りの人もあまりまぶしく感じないかもしれません。ただ、完全遮光ではなくなるので周囲への迷惑が半減する分日傘の遮光率は下がります。多少涼しさが減っても気にしないというのであればおススメです。

内側がシルバーの日傘はUVカットに逆効果!

外側がシルバー加工された日傘は直射光による紫外線カット効果があるけれども、まぶしくて周囲の人が迷惑に感じてしまうということが分かりました。では内側がシルバー加工の日傘はどうでしょう?

結論から言いますと内側がシルバー加工されている日傘はあまりお勧めできません、というか絶対避けたほうがいいです。

シルバーコーティングは遮光率が高く、光を跳ね返す性質があるので反射や散乱によって日傘の内部に入り込んだ光をどんどんブロックします。ということは近くにある顔はブロックされた光をもろに浴びてしまうということですね。つまり顔にどんどん紫外線が注がれてしまうという悲しい結果に。

しかし内側にシルバー加工された日傘は、外側加工に比べておしゃれなものが多く周囲の人にも迷惑をかけないというメリットがあります。反射光や散乱光による紫外線は浴びてしまいますが、直射光による紫外線はカットすることができます。内側にシルバー加工された日傘を使用するときは、日焼け止めクリームをしっかり塗るなどの対策するといいですね。

焼けないための日傘の選び方

日傘選びの5つのポイント

シルバー加工された日傘は生地自体の紫外線カット率でいうと優秀なのは確かですが、デメリットが気になりますね。直射光・反射光・散乱光すべてカットして焼けない日傘を選びたいものですね。日傘を選ぶときに見てほしいポイントが5つあります。

ポイント①【色は外側が白・内側が黒】

直射光に対しては日傘の外側に光を反射する色、反射光・散乱光に対しては日傘の内側に光を吸収する色を使っているものが理想的。光を反射する色は白などの薄い色で、光を吸収するのは黒や紺などの濃いめの色になります。

つまり外側には紫外線と熱を反射する白もしくは薄い色で、内側には紫外線を吸収する黒もしくは暗めの色がおすすめ。

とはいえ、この組み合わせで限定して探すとなると結構見つからなかったりします。ほとんどの日傘は特別薄い生地でない限り、雨傘であっても直射光による紫外線をほぼカットすることができます。ですので最低限内側の色はこだわって黒を選ぶとよいでしょう。

ポイント②【機能表示ラベルに数値があるか?】

今ではほとんどの日傘がUVカット加工されており、表示ラベルにも「UVカット加工」という表記がされています。多くの日傘はポリウレタンコーティングという加工をすることでUVカット率を90%以上にでき「UVカット」という表示が許されるのですが、中には専門知識の乏しい業者がそのコーティングをせずに「UVカット加工」と表記されていることがあります。

絶対とは言い切れませんが、具体的に「UVカット99%以上」というように数値の表記もされているものであればある程度信ぴょう性があるといえます。

ポイント③【ラベルの「完全遮光」に要注意 】

そして表示ラベルで注意してほしい点がもう一つ。

たまに「完全遮光」という表示を見ることがあることはありますが、実はこらの言葉には定められた基準はなく各メーカーが独自の売り出し文句として表示しているものにすぎません。

そもそもUVカットを更に進化させ、紫外線だけでなく太陽光を遮る仕様になっています。そもそも遮光率が99%以上でないと「遮光」の表示は出来ないので遮光率が高いのには間違いないのですが、 どう言う基準で完全遮光となっているのかなど詳しく見る必要があります。

一方、こちらのラベルのような「一級遮光」といった表示がされているものは日本洋傘振興協議会(JUPA)が定めた基準を満たしたもので、遮光率が99%以上の生地を使用した日傘を「遮光傘」、遮光率が99.99%以上の生地を使用した日傘を「一級遮光生地」と呼ばれます。これらの表示であれば信頼できるといえるでしょう。

ポイント④兼用傘なら雨晴ではなく晴雨

兼用傘には実は雨晴と晴雨の二種類があるって気づいていましたか?雨晴兼用傘は雨に強いポリエステル素材にUVカット加工を施してある傘でメインは雨に強い傘ですが、劣化してくるとUV加工がはがれたり光を通しやすくなったりします。

晴雨兼用傘は撥水・防水加工がされた日傘でメインはUVカットや遮光などの日傘としての役割を持ちます。撥水・防水加工が劣化してくると雨がしみ込みやすくなることもあります。

紫外線を意識するのであればやはり雨晴兼用ではなく晴雨兼用がおすすめですね。

快晴が続く夏場であればもちろん紫外線カットばっちりの日傘を使いたいところですが、5月ころから紫外線は増えてくるといわれています。この時期は雨なのか晴なのか不安定な天気のことが多いですよね。こういう時期は二本目の日傘として晴雨兼用傘をもちあるくといいかもしれません。

ポイント⑤折りたたみ傘より折りたたまない長傘

日傘に施されたUVカットや遮光のコーティングは使っていくと劣化しはがれていきます。いわゆる日傘の寿命は2~3年といわれていて、コーティングが落ちると日傘としての役割を持たなくなってきます。

コーティングは摩擦ではがれてしまうこともあるので、折りたたんだりバッグにしまったりという動作を頻繁に行う折り畳み傘は寿命を短くしてしまう可能性が高いんですね。さらに二つ折りよりも三つ折りの折りたたみ傘の方がコーティングは落ちやすくなります。

持ち運びの便利さをとるかUVカット機能の寿命をとるかにどちらかによりますね。でもやっぱりコンパクトで重宝しますよね。私は断然折りたたみ派なのでがっかりしましたが、できるだけコーティングを落ちにくくするような対策があります。

夏場は日傘をさして外に出る前に、日焼け止めクリームやハンドクリームを手に付けることが多いですよね。ただそのクリームがコーティング剤に反応してはがれやすくなってしまうそうです。

折りたたみ傘に限らず、少しでも長くUVカット機能を維持するためにアームカバーをはめるなどしてクリームを塗った手で直接触らないように心がけるといいと思います。

おススメの日傘

それではこれまでお話しした焼けないための日傘選びのポイントをおさえたおススメの日傘をご紹介したいと思います。お手頃な傘からちょっとお高めで母の日などのプレゼントにも最適な日傘までいいものだけをご紹介!

【東急ハンズ:hands+1級遮光長傘】

便利グッズの宝庫東急ハンズのオリジナル商品hands+が販売する長傘の日傘。遮光率が99.99%以上で、紫外線遮蔽率(UVカット)も99%以上の一級遮光なので、外側が真っ白ではないですが直射光・反射光・散乱光すべてに対策できる優れものですね。ボーダーなので見た目も涼しげでカジュアルなコーデに似合いそうです。

【 Wpc.(ワールドパーティー) :  W.P.C ×Plantica 長傘 】

折りたたみ傘 レディース ブランド 評判 WPC おしゃれ 晴雨兼用 UVカット 紫外線対策 軽量 花柄 50cm 6本骨 かわいい ホワイトデー お返し 母の日 プレゼント 敬老の日 ギフト 雨傘 日傘 手開き 手動 折り畳み傘 planticamini

価格:3,300円
(2020/2/6 06:25時点)

店頭の傘売り場でよく目にするメーカー、 wpc.とフラワーアートユニットのplanticaがコラボした晴雨兼用の長傘です。こちらも遮光率99.99%以上、紫外線遮蔽率(UVカット)99%以上の紫外線対策にばっちりの晴雨兼用傘です。しかもおしゃれ!

フラワープリントがとっても鮮やかなですね、持ち手部分が白でモノトーン風になるところもきれいです。母の日のプレゼントにも最適ですし、柄も5種類あるのでお母さんに「フラワーブラック」柄、自分に「フラワーマルチ」柄など色違いで母娘で持つのもいいですね。

【LA LUICE(ラルイス): 一級遮光折りたたみ傘 】

【2/9(日)まで500円クーポン】 傘 ラルイス LA LUICE 折りたたみ傘 一級遮光 リバーレースプリント 晴雨兼用 折傘 雨傘 日傘 ブラック/ベージュ るいす 手動 遮光率99%以上 UVカット率99%以上 シェードパラソル 薔薇雑貨 薔薇柄 バラ ローズ 花柄 かわいい おしゃれ

価格:5,280円
(2020/2/5 07:20時点)

長傘より折り畳み傘派の人にはこちらがおすすめ。LA LUICE(ラルイス)の遮光率99.99%以上、紫外線遮蔽率(UVカット)99%以上の一級遮光の晴雨兼用折り畳み傘です。

ラルイスはローズ柄やレース柄等、エレガントかつかわいらしい雑貨を取り扱うメーカーで女性に人気のブランドです。内側は黒色の生地で外側はレースプリントが施されていて上品なデザインですね。

【 ユビオン(YUVION):プレミアムホワイト(スワロフスキー付き) 】

ユビオン プレミアムホワイト 55ミニカーボン アラベスク スワロフスキー(UVION 折りたたみ傘 雨傘 日傘 丈夫 軽量 軽い 3940 UVカット 99% シンプル 晴雨兼用 高級感 日本製)【送料無料 ポイント15倍 入荷待ち※一部在庫有り】【2月17迄】

価格:14,300円
(2020/2/5 07:04時点)

こちらはUVION(ユビオン)のプレミアムホワイトシリーズの日傘で、以前TBSテレビ番組「マツコの知らない世界」でも取り上げられた日傘です。見た目の上品さと涼しさをもつ白にとことんこだわった日傘です。

こちらの日傘はUVカット99%以上に加えて赤外線も98.5%カットするという特徴があります。太陽光線には紫外線、可視光線、赤外線の3つに分けられ、最近では赤外線のなかでも近赤外線が紫外線よりもシミやしわの原因を作るという研究結果も出ています。

さらに画期的なのが収納方法。袋に収納するときに小さくたたむこともできますし、短く折りたたまずにそのままの長さで収納することもできるんです。折りたたむときに起きる摩擦でコーティングが落ちやすくなりますが、そのまま収納できるなら摩擦を減らすことができますね。

そして注目したいのがその涼しさ。黒い日傘と同じくらいの紫外線のカット率で湿度を10℃まで下げるので、まるで木陰にいるような涼しさを味わえるんだとか。さらに航空機ボーイング87の主翼や胴体などに使用されている「東レ」の高性能カーボンファイバーを親骨に使用しているので軽くて丈夫なんです。

上品さ・紫外線カット・赤外線カット・木陰のような涼しさ・軽さ・丈夫さ、品質としてはいいことづくめですがお値段はやや高め。母の日のプレゼントなら一生モノの日傘として差し上げるのもいいかもしれませんね。

日傘と一緒に使いたいUVカットスプレー

ヒューマンシステム UVシャットアウト 150ml (1325-0204)

価格:835円
(2020/2/6 10:03時点)

日傘の寿命は約2年ということですが、見た目は綺麗だしお気に入りのデザインだから買い替えるのはもったいないな…なんて方にお勧めなのがこちらのUVシャットアウトスプレー。

衣類や布製品にスプレーするだけでUV・撥水・防汚加工便利グッズです。太陽から浴びる紫外線を最大約90%までカットできる優れもの。容量は日傘だと3本分だそうですが、吹付具合や傘の大きさによっては1.5本分だったりと差があるようです。日傘だけではなく帽子や衣服・カーテンなどに使うのもありですね。

撥水加工・防汚加工もできるので夏の紫外線対策だけでなく、雨や泥汚れでコーディングが落ちるのを防げるのは嬉しいですね。因みに東急ハンズでも手に入れることができます。

30秒まとめ

では今回のまとめです。まずシルバーに日傘については

  • 外側がシルバーの日傘は遮光率が抜群だがまぶしくて周囲の迷惑になることもある
  • 内側がシルバーの日傘は反射光・散乱光を顔に集めてしまい紫外線カットに逆効果

そして焼けない日傘選びのポイントは

  • 直射光・反射光・散乱光による紫外線対策として色は外側が白・内側が黒
  • 99%など具体的な数値が機能表示ラベルにある
  • 一級遮光は日本洋傘振興協議会(JUPA)が定めた基準を満たしたもので、遮光率が99%以上だが、完全遮光の場合はきちんと遮光率を確認する
  • 兼用傘なら雨晴ではなく晴雨
  • 折りたたみ傘より折りたたまない長傘

ということでした。目に見えない紫外線なので表示をこまかく見て本当に効果のある日傘なのがしっかり見極めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました