テセウスの船北海道の事件は実話?ロケ地は宮城県秘境温泉に新潟神社?

エンタメ

2020年1月スタートのサスペンスミステリードラマ「テセウスの船」が同クールのドラマの中でダントツに面白いのということで話題になっています。ストーリーのカギとなる音臼小で起きた無差別殺人事件が実話ではないか?と気になっている人も多いようです。

原作では北海道が舞台となっていますので北海道で過去に起きたモデルとなった事件があるのでは?と予測し調査してみました。

一方ドラマでの舞台は宮城県の設定になっているのでロケ地も宮城県かと思いきや、新潟県や長野県、栃木県など東北・関東・中部地方のあちらこちらで撮影されたようです。

第一話からいかにも雪国を感じる温泉シーンやストーリーの展開で重要な場所となる神社や小学校などがどこでロケされたのか、そのほかにも気になる場所を調べてみました。

テセウスの船北海道の事件は実話?

音臼小無差別殺人事件とは?

1989年6月24日、人口約1200人の北海道の小さな村にある音臼小学校で、青酸カリによる無差別殺人事件が起こりました。事件のあらすじはこうです。

音臼小学校の毎年恒例の行事「お泊り会」でふるまわれたジュースの中に青酸カリが混入しておりそのジュースを飲んだ39名のうち小学生児童を含む21名が死亡しました。その後音臼村駐在警察官の佐野文語(以下文語)の自宅から青酸カリが発見されたことから、文吾が犯人として逮捕されたのです。

残された文語の家族は絶望し無理心中を図り、母と長男は死亡するも姉の佐野鈴(以下鈴)と次男の田村心(以下心)の二人は生き残りました。文語は死刑判決を受け再審請求をしつつ31年間収容され続けています。

心が音臼小事件から31年後の世界からタイムスリップし、過去を変えたことで音臼小無差別殺人事件にも若干の変化がありました。

心からの忠告を受けた文語が事件が起きるお泊り会を阻止しようと動いたため何とかお泊り会は中止になったものの、結局その翌日の6月25日に青酸カリが混入した牛乳を飲んだ児童と職員が21名亡くなったのです。

原作ではジュースから牛乳に変わりましたがドラマでは「はっと汁」に変わって結局事件は起きてしまいました。

そして犯人の動機に関してなのですが、ここからは若干のネタバレが含まれていますのでご注意ください。テセウスの船の原作での犯人はずばり、加藤みきおです。加藤みきおは音臼小の生徒ですがその犯行動機は、同じく音臼小の生徒で加藤みきおが好意を寄せていた鈴を自分のものにしたいという独占欲から犯行に及んだのです。

大好きな鈴が以前父である文語が好きだと話していたことから、文語に嫉妬し犯人に仕立て上げようと及んだものでした。

年齢による未熟さだけが原因ではない屈折した恐ろしい嫉妬心による犯行動機です。鈴は父の文語とは決別しやがて加藤みきおが鈴の夫となったということは、結果的に彼の作戦は成功した形になってしまったということですね。

ドラマの犯人と原作の犯人は違うとは言われているものの、第四話で鈴が何度も「好きではない相手」と結婚したといっていたことから、やはり原作と同じく犯人は加藤みきおなのでは?と想像してしまいます。

いずれにしても実際にありそうななさそうななんとも残虐な事件ですよね。これが果たして実話なんでしょうか。

日本で過去に実際に起きた類似事件

結論から申し上げますと音臼小無差別事件とまったく同じような事件は過去には起きていないようです。少なくとも1989年ごろの北海道ではそのような事件は見つかりませんでした。ただ、音臼小事件と類似した事件はいくつか判明しましたのでご紹介します。

附属池田小事件(2001年)

≪音臼小事件との類似点≫

  • 無差別殺人
  • ターゲットは小学生
  • 周りを巻き込んだ自分勝手な動機

2001年に大阪府池田市で起きた小学生無差別殺人事件。犯人は宅間守という男で、大阪教育大学附属池田小学校に凶器を持って侵入し、次々と同校の児童を襲撃しました。その結果、児童8名が死亡し15名が傷害を負いました。

宅間は最後の一人を刺し終えた瞬間、凶器である出刃包丁を自ら落として「あーしんど!」という言葉を口にしたそうです。宅間の犯行動機は「エリートでインテリの子をたくさん殺せば、確実に死刑になると思った」などと供述し、殺人罪で起訴され 2003年の死刑確定から約1年後の2004年に大阪拘置所で死刑が執行されました。

青酸コーラ無差別殺人事件(1977年)

≪音臼小事件との類似点≫

  • 無差別殺人
  • 毒薬が青酸カリ
  • ジュースに混入

1977年の1月4日から2月中旬までに東京都大阪で起こった青酸コーラ無差別殺人事件。連続する事件の最初の事件が起きたのは1月3日東京と品川駅付近でした。

ある公衆電話ボックスに置かれた未開封のコーラを通りかかった学生が拾い、それを宿舎へ持ち帰って飲みました。学生はすぐに異様な味に気づき吐き出して水道水で口をすすぐも体調は悪化し、病院へ搬送後胃洗浄などの処置も取られましたが重体となりその後死亡。

第二の事件が起きたのは第一の事件の翌日でした。距離も600メートルほどしか離れていない場所、そこで男性作業員が倒れておりその近くにコーラの瓶が転がっており、死因は同じく青酸中毒ということで第一の事件からの連続殺人事件と断定されました。

その後東京・大阪で同じような事件が連続したものの結局犯人は不明のまま時効となり犯人も迷宮入りとなっています。

当時は青酸化合物を入手しやすい塗装業者や加工業者が怪しいと思われましたが情報が乏しく特定できなかったようです。テセウスの船でも酸カリを入手しやすいメッキ工場の娘も疑わしい一人として挙げられていましたね。

パラコート連続毒殺事件(1985年)

≪音臼小事件との類似点≫

  • ジュースに薬物が混入
  • 無差別殺人

1985年日本各地多数の場所で起きた事件で死者は合計12名。場所は宮城県・広島県・三重県・福井県・大阪府・宮崎県・埼玉県・奈良県でした。あちらこちらで起きていたことから模倣犯も可能性として挙げられていました。

オロナミンC6件、コーラ2件、リアルゴールド2件、不明2件でいずれも自動販売機に置いてあったドリンクに、毒物が混入されていてそれを飲んだ人たちが次々に亡くなりました。毒物は1件のみジクワットで他はすべてパラコートが使用されていました。

パラコートは除草剤で当時24%濃度の液剤が市販されており、18歳以上で印鑑さえあれば農協などで買うことができたそうです。

パラコートといえば、音臼小無差別殺人事件の前ぶれで起きていた三島千佳が死亡した事件で使われた薬物もパラコートでした。青酸カリのように知名度の高い薬物ではなくあまり知られていないパラコートを設定したのは、もしかしたら原作者の頭の片隅にこのパラコート連続毒殺事件があった可能性も否定できませんね。

和歌山毒物カレー事件(1998年)

≪音臼小事件との類似点≫

  • 不特定多数が集まる行事での犯行
  • 無差別殺人
  • 飲食物に混入
  • 犯人自宅の塀や壁に「人殺し」などの大量の落書き

この事件は当時かなりメディアで連日取りざたされていて犯人の印象がとても強かったですね。

1998年和歌山県和歌山市園部で発生した毒物混入事件で、園部地区で行われた夏祭りにおいて提供されたカレーに毒物が混入され、カレーを食べた67人が中毒症状に陥り、小学四年生・高校一年生・地区会長・副会長の4人が死亡しました。

被疑者として逮捕されたのは主婦である林眞須美、彼女は無罪を訴えていましたが2009年には最高裁判所にて死刑が確定しました。死刑確定後は林被告の自宅の壁に「人殺し」と落書きされるなどテセウスの船を彷彿させる状況も実際に起こっていたそうです。

トップナイフ広瀬アリスの時計は業界一押しブランド!エンディングダンスは宝塚とTGSのコラボ?!

ロケ地は宮城県?温泉や神社はどこ?

ではもう一つのテーマテセウスの船のロケ地について早速ご紹介したいと思います。

【秋山郷雄川閣】 心と文語が入浴した露天風呂

≪ロケ地基本情報≫
名称:秋山郷 雄川閣
所在地:長野県下水内郡栄村大字堺17878-3

そのロケ地は、宮城県ではなく長野県の雄川閣という旅館の露天風呂でした。この雄川閣は二つの山にはさまれた細長い道沿いに12の集落が点在する長野県秋山郷というところにあります。

露天風呂の側にある河原周辺には温泉が湧き出ておりこのあたり一帯の温泉街を切明温泉といいます。そしてこの切明温泉の入り方が独特なんです!温泉に入るときにもっていくものはスコップ。

河原でスコップといえばピンときたかもしれませんが、川底から温泉がブクブクと湧く場所をさがして自分でスコップで掘り、岩を動かし温泉を手作りするのです。

自分が温泉を発掘したみたいでワクワクしますね。体を癒すだけでなくアクティビティ感覚で温泉を楽しめるので子供も喜びそうです。

さて、さきほどの写真ではちょっと寒そうに見えましたが、撮影の時には快晴でいい気候だったようです。その撮影風景がこちら↓

実際に放送されたシーンでも奇跡的に露天風呂にも光が差し込んでとてもきれいな景色が映し出されました。そのシーンは第一話のラストの心が文語に自分が未来から来たことを打ち明けた場面ですね。実際の映像はこちら↓

雪に囲まれた中での温泉ってさぞ気持ちいでしょうね。竹内涼真さんと鈴木亮平さんも極寒の撮影の中仕事とはいえ、極上の癒しを得られたことと思います。

しかしやはり山奥深くにある雪山に囲まれた場所なので一年の半分はお休みしています。11月中旬から5月末の雪の多い時期、山岳地帯は交通が遮断されるため公共交通機関は利用できなくなるためこの時期は雄川閣も冬季休館に入ります。

ただ休館期間でも車では行けるようなので、この時期を利用してロケが行われたのかもしれませんね。

雪景色だけではなく紅葉も楽しめたりと魅力たっぷりなのでいつかぜひ足を運んでみたいものです。

【十二神社】長谷川が死んでいた神社/心が突き落とされた神社

≪ロケ地基本情報≫
名称:十二神社
所在地:新潟県南魚沼市野中337

ドラマの中では「音臼神社」という名前で登場した神社は新潟県南魚沼市に鎮座する十二神社がロケ地であるといわれています。新聞配達員の長谷川が死んでいた場所であり、鈴を探しに行った心が背後から突き落とされた場所でもあります。

音臼神社のロケ地に関する情報は少ないのですが、第三話の終盤に上の画像とほぼ同じ角度で映し出される画を見ると本殿の佇まいや周りの木々の感覚など細部も非常に酷似しているので間違いないでしょう。

「十二神社」という名前の神社は日本全国に多く存在しますが、この新潟県魚沼市野中の十二神社には、日本神話にも登場する謎の多い神様である「猿田彦大神」が祭られています。猿田彦大神は「導きの神」ともいわれ、交通安全をはじめとして様々なご利益のあるありがたい神様なのです。

であれば、過去と未来をさまよい事件を追い続ける心にもどうか明るい未来…じゃなくて過去?に導いでほしいものですね。

【佐野市下秋山公民館】音臼村駐在所 兼 佐野家

≪ロケ地基本情報≫
名称:佐野市下秋山公民館
所在地:栃木県佐野市下秋山町1245

駐在警察官を務める佐野文吾が常駐している「音臼駐在所」であり、佐野家の家族が暮らすこちらの場所は、栃木県の佐野市下秋山公民館がロケ地として使用されています。佐野家が暮らす過去は平成元年ということで、黒電話などたくさんの平成元年グッズが小道具として置いてありますね。

佐野家が暮らす居住空間ということで生活感があふれていますが、ロケ地が公民館だと聞くと確かに家財道具などすべて取り払うと公民館であることもイメージできるような作りではありますね。投稿画像にアップされている写真の中のドアも何となく公民館チックです。

距離的にも栃木県ということで東京から1時間半から二時間で行ける場所にあります。撮影回数も多いでしょうから、アクセスがしやすいというところでもこの場所が選ばれたのかもしれませんね。

【旧松田小学校(栃木県足利市立松田小学校】音臼小学校

≪ロケ地基本情報≫
名称:旧松田小学校(栃木県足利市立松田小学校)
所在地:栃木県足利市松田町1884

心が20年前にタイムスリップしてから教師として勤務することになった小学校であり、青酸カリジュースの事件現場となる音臼小学校。こちらは2000年に閉鎖になった旧松田小学校(栃木県足利市立松田小学校)です。

そしてなんと旧松田小学校は格安スマホのワイモバイルのCMでもロケ地として使用されていました。

韓国のアイドルグループTWICEが転校生として学校にやってきたという設定ですが、この動画の23秒当たりで生徒たちが玄関から出てくるときの学校が旧松田小学校です。正面の時計の位置やその下の出窓みたいに出ている窓枠の作りが一緒ですね。

【宮城県警察仙南警察署】筑波海軍航空隊記念館

≪ロケ地基本情報≫
名称:筑波海軍航空隊記念館
所在地:茨城県笠間市旭町654(県立こころの医療センター敷地内)

こちらはユースケ・サンタマリアさん演じる金丸刑事が勤務する宮城県警察仙南警察署で、そのロケ地は筑波海軍航空隊記念館です。もともとは1934年霞ヶ浦航空隊友部分遣隊として開隊された筑波海軍航空隊戦闘機や特高の訓練などの操縦訓練等が行われていた場所です。

2012年に岡田准一さん主演の映画「永遠の0」のロケ地として使用されたのをきっかけに、現存する旧司令部庁舎を「筑波海軍航空隊記念館」として期間限定で一般公開するようになり2018年に展示館を開設してリニューアルオープンをしています。

また、こちらの筑波海軍航空隊記念館は「テセウスの船」や「永遠の0」のほかにも、櫻井翔さんと広瀬すずさん主演の「ラプラスの魔女」の舞台になるなど、ロケ地としては常連さんのようです。投稿コメントからも記念館の職員さんの興奮も伝わってきますが、有名芸能人を見れるチャンスが何度もあるなんて羨ましいですね。

【医療法人杏林会 今井病院 】田村由紀が運ばれて出産した「恵永病院」

≪ ロケ地基本情報≫
名称:医療法人杏林会 今井病院
所在地:栃木県足利市田中町100

こちらはタイムスリップする前に上野樹里さん演じる心の妻・田村由紀が搬送され出産した病院で、栃木県にある医療法人杏林会今井病院です。建物自体は2016年に新築され、ベッド数も223床ときれいで大きな病院のようです。

ロケが行われたのは2019年12月で、この病院で働く職員の方にも秘密に撮影されたようです。

職員数も多いのですし病院全体にロケがあることを知らせれば院内は大騒ぎだったでしょう。この投稿をした職員さんも撮影があっていると知っていればきっと暗幕をめくってこっそり撮影風景をみれたかもしれませんね。

【蛇子沢の前嵓橋】雪崩の起きた荒川橋

≪ロケ地基本情報≫
名称:蛇子沢の前嵓橋
所在地:新潟県魚沼市下折立

第2話で発生した雪崩のシーンを撮影されたのが新潟県の魚沼市にある「蛇子沢の前嵓橋」で、ドラマの中では荒川橋という名前が設定されています。「蛇子沢の前嵓橋」の読み方は「じゃこざわのまえぐらばし」、なかなか独特な名称ですね。

右側に見える赤い橋が蛇子沢の前嵓橋です。さらにもっと右側には三角屋根の小屋が並ぶ銀山平森林公園なる施設があります。公園内にはログハウス村、白銀の湯(日帰り温泉)、トイレ、憩の広場、遊歩道、自然散策路等の施設があり、5月中旬までは雪原の中を歩くこともできます。

こちらは実際の放送シーン、背景に映っている赤い鉄骨が蛇子沢の前嵓橋ですね。

30秒まとめ

では今回のまとめです。まず原作の舞台となった北海道で音臼小無差別殺人事件の実話なる事件は起きておらず、類似した全国の過去の事件がこちら↓

  • 附属池田小事件(2001年)大阪府
  • 青酸コーラ無差別殺人事件(1977年)東京都・大阪府
  • パラコート連続毒殺事件(1985年)宮城県・広島県など全国8県
  • 和歌山毒物カレー事件(1998年)和歌山県

そしてロケ地は

  • 【秋山郷雄川閣:長野県】 心と文語が入浴した温泉
  • 【十二神社:新潟県】長谷川が死んでいた神社/心が突き落とされた神社
  • 【佐野市下秋山公民館:栃木県】音臼村駐在所 兼 佐野家
  • 【旧松田小学校:栃木県】音臼小学校
  • 【宮城県警察仙南警察署:茨城県】筑波海軍航空隊記念館
  • 【医療法人杏林会 今井病院 :栃木県】田村由紀が運ばれて出産した「恵永病院」
  • 【蛇子沢の前嵓橋:新潟県】雪崩の起きた荒川橋

ドラマの舞台の設定になっている宮城県のロケ地は全くなかったですね。テセウスの船の放送が始まった当初は期待していた宮城県の人も実際のロケ地ではないと知って残念がられていたようです。それでも素敵な場所ばかりですね。今後もハラハラするストーリー展開とともにロケ地についても注目していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました