トップナイフ広瀬アリスの時計は業界一押しブランド!エンディングダンスは宝塚とTGSのコラボ?!

人物

天海祐希さん主演の土曜ドラマトップナイフ、ご覧になりましたか?

内容もさることながらぜひ見てほしいのがエンディングのダンス。 70年代の衣装に身を包んだ出演者たちが華麗にダンスを披露して話題になっています。誰が振り付けしているのか調べたところ、ミュージカル界では重鎮の大物振り付け師であることが分かりました。

代表作には誰もが見たことのあるあのCMやドラマのダンスシーンも!さらに、その振り付け師の代表作や経営するダンス教室の評判についても掘り下げてみたいと思います。

そしてトップナイフで広瀬アリスさんが着用しているゴールドの腕時計が気になり調べたところそのブランドが判明しました。数々の芸能人がドラマやプライベートで着用しているオランダ発の人気ブランド、一体どの時計なのかご紹介します。

トップナイフエンディングのダンスは誰の振り付け?

豪華キャストのエンディングダンスが評判!

2020年1月~3月の連続ドラマの中で視聴率NO.1という好調な滑り出しでスタートした土曜ドラマトップナイフ。

同じクールには「恋はつづくよどこまでも」「病室で念仏を唱えないでください」「アライブ」「病院の治しかた」など5つの医療系ドラマが放送されていますが、ダントツの人気を誇っているようです。

キャストの豪華さだけでなく、医療現場というシリアスな内容になりがちなテーマの中に、それぞれの出演者の独特なキャラクターによってコメディの要素が加えられているところが人気の秘密なのかもしれません。

さらにこのドラマで注目すべきはエンディングのダンス。ドラマの中では医師たちのオアシスといえるBARカサブランカがディスコに変わり、出演者たちがキレキレのダンスを踊っています。そのエンディングダンスシーンがこちら↓

このエンディングのダンスシーンは1話2話3話…と毎週バージョンが違うんです。たくさんのアングルから撮っているのか、ちょっとずつ色んな動きを小出しにしてきている感じです。毎回最後まで楽しめますね。

最初に出てくる「TOPKNIFE」の文字からレトロ仕様ですね。右端で踊っているダンサーの方なんかロングへにメガネトンボ、70年代に流行ったヒッピースタイルそのものです。

そしてさすが元宝塚トップスター天海祐希さん、長い手足を活かしたしなやかな動きが素敵ですね。広瀬アリスさんもダンスがかなり上手ですね、かわいい!

そしてこの中にもう一人プロのダンス経験者がいます。それはBARカサブランカのバーテンダー役を演じる古川雄大(ふるかわゆうた)さん。

なんと彼はディズニーシーでダンサーをしていたそうです。ショーやパレードで優雅に踊るディズニーのキャストはダンサーにとってあこがれの的、毎年ダンサーの募集を行っているようですがかなり人気なのでこの舞台で踊ることができるのはほんの一握りだそうです。

そしてディズニーのダンサーに求められるのがバレエの経験。バレエで培われるのは表現力などの技術面だけでなく、日々の練習する努力や継続力といった精神面も養われることになります。夢の世界なのであまり深くは知りたくありませんがなかなか厳しい職業のようです。

古川雄大さんはこれを経験されているということですから、相当なテクニックと精神力をお持ちなんでしょうね。

このダンスシーンを撮影しているはBAR「カサブランカ」ですが、ここは番組で用意したセットではなく実際にあるクラブがロケ地になっているんです。そのロケ地はなんとマツコ・デラックスさんやミッツマングローブさんといった有名オネエの方もゆかりのある新宿二丁目のゲイバーだとか。

気になる方はこちらもどうぞトップナイフ7話キャスト娘役やバーマスターは?ロケ地は有名ゲイバー?チャラ男マスターを演じる古川雄大さんの全くチャラくない素顔にも迫っています。

ちなみに振付師のパパイヤ鈴木さんもディズニーのダンサーだったそうですが、夏場に上下スーツを着て踊りながらも汗をかいてはいけないという厳しい条件でかなりきつかったと語られています。

しかし考えてみたら元宝塚トップスターの天海祐希さんと元ディズニーシーダンサの古川雄大さんが同じステージで踊っているのってすごい豪華なことですよね!宝塚とディズニー夢の世界のコラボ。

しかもこのお二人同じ事務所の研音(けんおん)に所属されています。逸材ぞろいの大手芸能事務所ですからね、天海祐希さんと古川雄大さんがこの事務所にいるのも納得です。
こちらの記事もおすすめ→ 川口春奈所属事務所の研音は本当に難関⁈五島の実家は隠れ家スナックHARU!

エンディングのダンス振り付け担当の川崎悦子!その実績がすごすぎる

さてそんなプロのダンサーが踊るダンスですからほんの数分のドラマのエンディングとはいえレベルの高い仕上がりになっていますね。レベルが高いとはいえ難しすぎないところがポイント。

同じくエンディングのダンスが話題になった新垣結衣さん星野源さん主演の「逃げるは恥だが役に立つ」、このダンスもかなり評判が良かったですもんね。大人も子供もこぞってダンスを真似ました。独特だけど難しくないところも人気の秘密だったようで、それから視聴率もさらに上がったようです。

そして今回のトップナイフのエンディングのダンスの振り付けも練習すれば踊れそうなレベルですね。逆に言うと簡単すぎても踊り甲斐がないので、ちょうどいいくらいだと思います。

そのダンスの振り付けをしたのがいったい誰なのかというと、川崎悦子さんです。誰だろう?と思ったかもしれませんが業界ではかなりの有名人です。

まずは簡単にプロフィールを見てみます。

  • 名前:川崎悦子(かわさきえつこ)
  • 生年月日:1956年9月11日
  • 所属事務所:株式会社融合事務所(ダンススタジオ「BEATNIK STUDIO」代表 )
  • 振り付け師デビュー作: 一世風靡セピアの「前略、道の上より」(1984年)
  • 主な振り付け作品: ドラマ「女王の教室」エンディング・CM「 ¥enshop武富士1998篇」・映画「モテキ」・舞台「Endless SHOCK」・舞台「志村けん一座」等多数
  • 主な活動:劇団☆新感線(俳優・古田新太所属)、第三舞台(劇作家・鴻上尚史主宰)、宝塚歌劇団や演劇集団キャラメルボックス(元劇団員・上川隆也)等の舞台の振り付けを担当。さらに自らのダンススタジオである「BEATNIK STUDIO」の代表としての公演・演出。

川崎悦子さんの宣材写真、さすが振り付け師らしく動きのある写真ですね。振り付けデビュー作となった一世風靡セピアの「前略、道の上より」は、メンバーの柳葉敏郎さんや哀川翔さんがマイクの前に仁王立ちで歌うスタイルからのかなりインパクトのある振り付けで世間を魅了しました。

これが話題となり川崎悦子さんのもとに仕事の依頼が殺到、人気振り付け師として活躍することになったのです。私もリアルタイムでは見たことはありませんがあの振り付けは確かに今見てもかっこいいですし、インパクトもありますね。

注目したいのはドラマ「女王の教室」のエンディングも手掛けているということ、ずばりこちらも天海祐希さんが主演のドラマですね。これもやっぱり見たいですよね↓

とっても冷たい表情の天海祐希さんがカットがかかった瞬間から優しい表情に変わるところが思わずきゅんとします。ドラマの中では冷静沈着で厳しい面しか見せない天海祐希さんですが、エンディングとのキャラのギャップがとっても好きです。

しかもこの明るいエンディングを提案したのは天海祐希さんだそうです。50秒あたりでは小さい頃の志田未来さんも出てきますよ。

インパクトを与えたダンスといえばレオタード姿で踊る消費者金融会社武富士のCMです。放送後ダンスに関しての問い合わせが殺到し大変話題になりました。このCMが放送されていたのは1990年ですが、それから10年以上たった当時を知らないはずの学生も学園祭で出し物したりしているそうです。

プロフィールに主な振り付け作品として挙げているものは、川崎悦子さんの作品のほんの一部にすぎません。この他にも沢山のCMや舞台の振り付けを手掛け、サザンオールスターズ・Mr.Children・DREAMS COME TRUE・渡辺美里などの大物ミュージシャンの依頼も受けているのですがあまりに有名なものが多すぎて選びきれませんでした…。

これまでにどんな振り付けをされてきたのか詳しく知りたい方はこちらもどうぞ↓
株式会社融合事務所

振り付け師川崎悦子のセブンルール

川崎悦子さんは1956年生まれということで還暦を迎えていらっしゃいますがそれでもなお活躍し続け引っ張りだこの大人気振り付け師なのです。 そんな川崎悦子さんはセブンルールにも出演されました。

テレビなどではあまり見ないけれども色んな業界で活躍されている女性にフォーカスし、その人自身が自分で決めているルールを紹介するドキュメンタリー番組です。

舞台で一緒にお仕事をしている古田新太さんや堂本光一さんからも信頼されているということがよくわかりますね。堂本光一さんは親しみを込めてえっちゃんと呼んでるそうです。そんな川崎悦子さんが自分に設けている7ルールはこちら。

  1. 出だしの振付に時間をかける
  2. 年長者ぶらない
  3. 振付は朝6時から考える
  4. 何事も第一印象で決める
  5. 1日2本映画を観る
  6. 本気のときは裸足になる
  7. うまく踊るより楽しく踊る

出だしの振り付けに時間をかけるっていうのはわかる気がします。最初にグッと観客の心を掴まないと、後からどんなにいいものが出来ても最初から見てもらえなければ意味がありませんもんね。

振り付けは6時から考える、というのは、朝が一番頭が働くからだそうです。夜何かしようとしながらもダラダラして、結局眠気に勝てず何もできなくなるなんて経験ありませんか?私はよくあります。

それなら早寝早起きして早朝にやることやった方が効率がいいんですよね。日中の次の行動に向けて必死に終わらせようとするから集中力も上がります。

さすがだなと思ったのは一日2本映画を見るってこと。舞台の振り付けにダンス教室もあって多忙なはずなのにそんな時間があるのかなと思ったりもしましたが、時間はあるかないかではなくつくるもの。

成功している人は時間の使い方が皆上手。とはいえ、何時間寝ているのかは気になりますね。私もこのルールの1つでも取り入れられたら何かかわるかな。

広瀬アリス着用時計のブランドが判明!

アムステルダム発のブランドローズフィールド

天海祐希さんとの掛け合いの面白さが見どころの一つになっている新人研修医小机幸子を演じている広瀬アリスさんですが、内容だけでなく着用している時計が気になりました、早速見てみましょう。

こちらは取材の際の写真ですが、ドラマの中でも同じ時計を着用しています。それがこちら↓

【ROSEFIELD(ローズフィールド):The Small Edit】

【たっぷりポイントMAX 10倍! おトクにGET!!】【送料無料】【国内正規品】【ROSEFIELD(ローズフィールド)】【The Small Edit】【26WR-265】【時計 腕時計】

価格:16,500円
(2020/1/27 06:38時点)

広瀬アリスさんがトップナイフで着用している時計はROSEFIELD(ローズフィールド)のThe Small Edit です。ケースのサイズが26㎜と、これまでのローズフィールドの中で最も小さい作りにっているの「ヴィンテージコレクション」のひとつで、女性らしく上品なデザインが特徴です。

カラーもローズゴールドで女性に人気の色ですね。ベルトは工具なしで取り外し可能なので同じくThe Small Editのものであれば他のベルトとも交換可能です。時計を何個も保有するのもいいですけど、気分やファッションに合わせてベルトだけ変えるのもオリジナル感があっていいですね。

ローズフィールドはオランダ・アムステルダム発のブランドでデザインやコンセプトはアムステルダムとニューヨークの2つの都市を融合したものになっています。オランダの無駄のないシンプルなデザインとニューヨークの現代風のファッション美学を取り入れた特徴のブランドです。

シンプルかつファッション性の高いデザインなので飾り過ぎないエレガントさを求める30代から40代の女性を中心に人気です。ベルトが交換可能なのも愛用者が多いポイント。長年使っても付け替えることでまた使い続けることができるので、飽きも来ずいい時計を長く使える点も高評のようです。

ドラマでも芸能人が多数着用しているローズフィールド

このブランドが日本に上陸したのは2017年5月ということでこれからファッション業界をけん引するブランドとしても注目されているようです。雑誌にも多く取り上げられ、トップナイフ以外にもいろんなドラマシーンで使用されているのでその一部をご紹介します。

【CHRONO40mm: コンフィデンスマンJP 運勢編 】

こちらは2019年「コンフィデンスマンJP 運勢編」で着用されたモデル。大胆にミニマルなクロノグラフコレクションの40㎜ケースシリーズの一つです。文字盤のホワイトと淵のブラックのコントラストが洗練されたデザインで、ワンランク上のおしゃれを楽しめそうですね。

【The Small Edit26mm: わたし、定時で帰ります 】

こちらは2019年「わたし、定時で帰ります」で吉高由里子さんが着用したモデル。トップナイフで広瀬アリスさんが着用しているものと同じくThe Small Edit26mmになります。ローズゴールドとグレーの組合せもきれいでビジネスシーンにもぴったりですね。

【The West Village33mm:初めて恋をした日に読む話 】

こちらは2019年「初めて恋をした日に読む話 」で古川愛さんが着用したモデルのThe West Village33mmです。ベルト部分に色に合わせたメタルリングが特徴的でThe West Villageならではのヴィンテージ感が添えられています。かわいらしくカジュアルなファッションにも合いそうですね。

この他にも 「家政夫のミタゾノ」「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」 など様々なドラマで着用されています。今後もあらゆるシーンで活躍しそうですね。

30秒まとめ

では今回のまとめです。

  • トップナイフエンディングのダンスを振り付けしたのは誰かというと、振付師業界の重鎮川崎悦子
  • 川崎悦子のデビュー作は一世風靡セピアの「前略、道の上より」で、代表作の武富士のCMは大注目を浴びた。舞台や自身のダンススクールで振り付け・演出が主な活動で現在も活躍中
  • 広瀬アリスが着用している時計はROSEFIELD(ローズフィールド)のThe Small Edit で、他にもあらゆるドラマで使われている人気のアムステルダム発のブランド

トップナイフのエンディングが毎回違うバージョンで放送されているということですので、今後の放送も楽しみですね。衣装や小物にも注目しながら見ていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました